残夢 鎌田慧著

公開日:  更新日:

 明治44年、明治天皇の暗殺を企てたとする「大逆事件」に連座し、幸徳秋水らとともに死刑判決を受けた坂本清馬の生涯を描く評伝。

 裁判では、26人の被告のうち、24人に死刑が宣告されたが、清馬ら12人は翌日、天皇の特赦によって無期懲役へと減刑される。

 そもそも事件は社会主義者を一網打尽にして葬るための政府のでっち上げだった。

 清馬は23年後に仮出獄。獄中から無罪を訴え続けた清馬は、1961年、処刑された12人の一人森近運平の妹とともに、再審請求の訴えを起こす。

 しかし、東京高裁は棄却、特別抗告した最高裁にも棄却されてしまう。その89年の生涯をたどりながら、事件の真相、そして国策捜査の危険性を暴く。(講談社 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る