残夢 鎌田慧著

公開日: 更新日:

 明治44年、明治天皇の暗殺を企てたとする「大逆事件」に連座し、幸徳秋水らとともに死刑判決を受けた坂本清馬の生涯を描く評伝。

 裁判では、26人の被告のうち、24人に死刑が宣告されたが、清馬ら12人は翌日、天皇の特赦によって無期懲役へと減刑される。

 そもそも事件は社会主義者を一網打尽にして葬るための政府のでっち上げだった。

 清馬は23年後に仮出獄。獄中から無罪を訴え続けた清馬は、1961年、処刑された12人の一人森近運平の妹とともに、再審請求の訴えを起こす。

 しかし、東京高裁は棄却、特別抗告した最高裁にも棄却されてしまう。その89年の生涯をたどりながら、事件の真相、そして国策捜査の危険性を暴く。(講談社 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る