残夢 鎌田慧著

公開日:  更新日:

 明治44年、明治天皇の暗殺を企てたとする「大逆事件」に連座し、幸徳秋水らとともに死刑判決を受けた坂本清馬の生涯を描く評伝。

 裁判では、26人の被告のうち、24人に死刑が宣告されたが、清馬ら12人は翌日、天皇の特赦によって無期懲役へと減刑される。

 そもそも事件は社会主義者を一網打尽にして葬るための政府のでっち上げだった。

 清馬は23年後に仮出獄。獄中から無罪を訴え続けた清馬は、1961年、処刑された12人の一人森近運平の妹とともに、再審請求の訴えを起こす。

 しかし、東京高裁は棄却、特別抗告した最高裁にも棄却されてしまう。その89年の生涯をたどりながら、事件の真相、そして国策捜査の危険性を暴く。(講談社 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る