「病理学講義」仲野徹著

公開日:  更新日:

「病理学」を広辞苑で引くと「疾病を分類・記載し、その性状を究め、病因および成り立ち方を研究する学問」とある。紀元前5世紀のギリシャでは「病気は体液の異常によって生じる」と考えられ、それが2000年近く信じられて、血液を抜く瀉血という治療法が行われてきた。

 だが、弱っているときに血を抜いたら病状が悪化するのは当たり前。近代的な意味での病理学は19世紀のプロイセンの医師、ウィルヒョウに始まる。ウィルヒョウは、病気の原因を探るために行う解剖(剖検)の方法を開発したのだ。彼の時代には17世紀に発明された顕微鏡で細胞や組織を観察することしかできなかった。

 大阪大学医学部の人気講義を書籍化。

(晶文社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る