「『ゴースト血管』に効く!1分かかと上げ下げ」伊賀瀬道也著

公開日: 更新日:

 血管は加齢に伴い徐々に老化し硬くなっていくが、近年、特に注目を集めているのが毛細血管の“ゴースト化”だ。40代を境に新陳代謝の低下が進むと、毛細血管は細くなったり変形したりしながら、まるでゴーストのように消えてなくなっていく。実は体中に張り巡らされた血管の9割以上が毛細血管であり、これが機能しなくなることで、全身にさまざまな悪影響をもたらすようになる。

 例えば、見た目の老化だ。著者がセンター長を務める愛媛大学医学部付属病院抗加齢・予防医療センターの研究では、肌の老化要因には紫外線だけでなく、血管年齢が大きく関わることが明らかになったという。さらに、血管のゴースト化は生活習慣病も加速させる。全身の末端にまで血液が巡らなくなることで骨粗しょう症が進んだり、高血圧や糖尿病を悪化させたり、脳機能を低下させて認知症リスクを高める恐れもあるのだ。

 気づかぬうちに進む毛細血管のゴースト化だが、日々の努力でこれを食い止めることも可能だ。もっとも効果的なのが、かかとを上げ下げする運動。多くの毛細血管が集まり“第二の心臓”とも呼ばれるふくらはぎの筋肉を鍛えることで、血液を心臓まで押し戻す力がアップし、毛細血管も鍛えられる。本書では、効果的な運動の方法の他、毛細血管に効くスパイスやお茶、睡眠法なども解説している。

 老化にあらがいたいなら、毛細血管を鍛えることだ。

(河出書房新社 1250円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る