「翼竜館の宝石商人」高野史緒著

公開日:  更新日:

 1662年の晩夏、アムステルダムに奇妙な噂が流れた。市庁舎に飾られているレンブラントが描いた歴史画の中から、古代ローマの英雄、キウィリウスが飛び出して、夜な夜な回廊をさまよい歩くのだという。そんな折、宝石商人ホーヘフェーンがペストで死に、郊外に埋葬された。だが、その翌日、彼とうり二つの男が館の密室で発見された。

 偶然、死の前の晩にホーヘフェーンと会っていたレンブラントの息子ティトゥスと記憶を失った謎の男ナンドは、入れ違いに館に入っていった外科医のカルコーエンとペスト専門医がなんらかの関わりがあるはずだと、周辺の事情を探り始める。すると、ホーヘフェーンには幼い頃に生き別れとなっていた双子の弟がいたことが判明。これで解決と思いきや、この事件にはさらなる深い闇がはらまれていたのである――。

 新興著しい国際都市アムステルダムを舞台にレンブラント、ペスト、密輸といった道具立てを組み入れて壮麗な歴史絵巻に仕立てた、傑作ミステリー。

(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る