「素敵なご臨終」廣橋猛著

公開日: 更新日:

 これまで3000人以上の患者の死に関わってきた緩和ケア医の著者によると、「素敵な臨終」とは、患者のつらさが緩和され、自身の生き方に納得し、家族も安らかな気持ちで見送ることができるような最期のことだそうだ。大切な人がそんな「素敵な臨終」を迎えられるよう、支える周囲の人が知っておきたい技術や知識をまとめた教科書。

 家事をするなど自分の役割を果たし気晴らしとなることをすることが、痛みを感じなくさせることもあるという「安静」に対する誤解や、飲みながらでも仕事や旅行もできる「モルヒネ」への誤解など。実際のエピソードを交えながら、望ましい手助けと異なることをしてしまいがちな緩和ケアの誤解を説くなど、大切な人を楽にする緩和ケアのポイントを伝授。

(PHP研究所 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る