「帝王の誤算」鷹匠裕著

公開日: 更新日:

 倉澤真美の夫は日本最大の広告代理店「連広」に勤めていたが、同社には過酷な働き方を強いる「十の掟」があり、夫も連日の無理がたたり過労死してしまう。残された真美は、夫の上司・城田常務の秘書として連広に中途採用される。城田は順調に出世街道を上ってきており、「十の掟」を信奉する強面役員として社員から恐れられていた。

 時はバブル前夜。広告業界も大きな変わり目を迎えていた。

 自動車メーカーの最大手トモダの広告をめぐる業界2位の弘朋社との熾烈な争い、有力政治家を巻き込んでの都知事選への関与、アマチュア規定を覆して有名スポーツ選手をCMに登場させる「がんばれ! ニッポン」キャンペーンなど、城田はその剛腕ぶりを発揮して、ついに社長の座を射止める……。

 広告業界に身を置いていた著者だけに、バブル期から今世紀初頭における広告業界の狂奔ぶりが、実にリアルに描かれる。過労死を生むに至った会社にとって、一体何が「誤算」だったのかを、鋭く問いかけてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード