• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ITにおいても産地と生産者の確認は必要

 昨今、野菜や肉などは「生産者の顔が見える」ことが重視されているが、日々ヘビーに使っているツールの開発者ってどんな人々なのか――そこに切り込んだのが本書である。

 国内で5000万人以上が使っているスマホ用コミュニケーションツール・LINEだが、「便利だよー」や「既読スルーとかうぜぇ」のような自分が使っている実感はあり、さらには「LINEで呼び出し殺害」などの事件報道で目にすることも多いだろうが、その誕生ストーリーはそれほど知られていない。

 著者が同書を書いたきっかけは、ネット上の「グーグルやフェイスブックには創業ストーリーがある。もしLINEにもそれがあるなら読んでみたい」という書き込みにあったという。

 確かにそうなのである。私のようなIT系の仕事をしている者であっても、LINEを運営するLINE株式会社やその源流である韓国・NAVER社の実態というものはよく分からないところがある。関連する名前として「NHN」や「ハンゲーム」があり、さらには「ライブドア」を買収し、そこから「LINE」に社名を変えたりするなど、さまざまな変遷は業界外の人にとってはなかなか把握しづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る