• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ITにおいても産地と生産者の確認は必要

 昨今、野菜や肉などは「生産者の顔が見える」ことが重視されているが、日々ヘビーに使っているツールの開発者ってどんな人々なのか――そこに切り込んだのが本書である。

 国内で5000万人以上が使っているスマホ用コミュニケーションツール・LINEだが、「便利だよー」や「既読スルーとかうぜぇ」のような自分が使っている実感はあり、さらには「LINEで呼び出し殺害」などの事件報道で目にすることも多いだろうが、その誕生ストーリーはそれほど知られていない。

 著者が同書を書いたきっかけは、ネット上の「グーグルやフェイスブックには創業ストーリーがある。もしLINEにもそれがあるなら読んでみたい」という書き込みにあったという。

 確かにそうなのである。私のようなIT系の仕事をしている者であっても、LINEを運営するLINE株式会社やその源流である韓国・NAVER社の実態というものはよく分からないところがある。関連する名前として「NHN」や「ハンゲーム」があり、さらには「ライブドア」を買収し、そこから「LINE」に社名を変えたりするなど、さまざまな変遷は業界外の人にとってはなかなか把握しづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る