「世界で一番売れている薬」山内喜美子著

公開日:

 世界で推定4000万人が服用しているといわれる高脂血症治療薬「スタチン製剤」。「世紀の薬」「奇跡の薬」と呼ばれる、この薬の誕生の軌跡を追った創薬ドキュメンタリー。

 1973年、製薬会社の研究所に勤務していた遠藤章博士が、青カビから世界で最初となるスタチン「ML―236B」(一般名メバスタチン)を発見。しかし、ML―236Bは臨床試験にまでこぎつけながら医薬として世に出ることはなかった。14年後、アメリカの製薬会社によって世界初のスタチン製剤が発売される。

 博士の研究人生を追いながらML―236Bがどのようにして生まれ、なぜ日本で最初に製品化されなかったのかを描きながら、新薬開発の現場と製薬・医学界の熾烈な開発競争を追う。

(小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る