「新薬の狩人たち」ドナルド・R・キルシュ、オギ・オーガス著 寺町朋子訳

公開日:  更新日:

 著者のキルシュは、米国創薬研究の第一線で35年にわたり活躍するドラッグハンター(新薬の狩人)。新薬開発といっても、ドラッグハンターが提案した創薬プロジェクトが医薬品に結実する確率はわずか0.1%。本書は、ペニシリンやストレプトマイシンといった有名な薬もそうした難関をいくつもくぐり抜けて登場してきた新薬であることを教えてくれる。

 マラリアの特効薬キニーネ、麻酔薬のエーテル、梅毒の治療薬サルバルサン、血糖値を下げるインスリン、経口避妊薬のピル等々、歴史上画期をなす新薬がいかにして生まれ、それがどのように製品化されていったのかを多様なエピソードを交えて描かれる。なかでも、ピルの開発に産児制限運動家のマーガレット・サンガーと資産家で女性参政権論者のキャサリン・マコーミックが深く関わっていたというのは興味深い。

 その他、利益に走る製薬会社の実態などにも触れ、新薬開発の陰で繰り広げられる人間ドラマが見事に書かれている。

(早川書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る