「新薬の狩人たち」ドナルド・R・キルシュ、オギ・オーガス著 寺町朋子訳

公開日: 更新日:

 著者のキルシュは、米国創薬研究の第一線で35年にわたり活躍するドラッグハンター(新薬の狩人)。新薬開発といっても、ドラッグハンターが提案した創薬プロジェクトが医薬品に結実する確率はわずか0.1%。本書は、ペニシリンやストレプトマイシンといった有名な薬もそうした難関をいくつもくぐり抜けて登場してきた新薬であることを教えてくれる。

 マラリアの特効薬キニーネ、麻酔薬のエーテル、梅毒の治療薬サルバルサン、血糖値を下げるインスリン、経口避妊薬のピル等々、歴史上画期をなす新薬がいかにして生まれ、それがどのように製品化されていったのかを多様なエピソードを交えて描かれる。なかでも、ピルの開発に産児制限運動家のマーガレット・サンガーと資産家で女性参政権論者のキャサリン・マコーミックが深く関わっていたというのは興味深い。

 その他、利益に走る製薬会社の実態などにも触れ、新薬開発の陰で繰り広げられる人間ドラマが見事に書かれている。

(早川書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る