『激変!「糖尿病治療薬」最前線』鈴木吉彦著

公開日: 更新日:

 日本の糖尿病患者及び予備群はおよそ2000万人。国民の5人に1人が悩まされている疾患だが、治療法は毎日のインスリン注射や厳しい食事制限で、患者の心身へのストレスは相当なものだった。しかし、今年4月から“夢の新薬”と呼ばれる糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」の発売が開始され、注目が集まっている。

 この薬は、日本語で「ナトリウム・ブドウ糖共輸送担体2」と呼ばれ、食事前に服用することで腎臓で再吸収されるブドウ糖などを尿中に排泄させる作用がある。尿中の糖量は増えるものの血糖値は下がり、インスリン注射もやめられるという。

 本書では、糖尿病専門医である著者が、SGLT2阻害薬の機能と糖尿病治療の未来について詳しく解説していく。
(ワニ・プラス 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る

人気キーワード