『激変!「糖尿病治療薬」最前線』鈴木吉彦著

公開日: 更新日:

 日本の糖尿病患者及び予備群はおよそ2000万人。国民の5人に1人が悩まされている疾患だが、治療法は毎日のインスリン注射や厳しい食事制限で、患者の心身へのストレスは相当なものだった。しかし、今年4月から“夢の新薬”と呼ばれる糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」の発売が開始され、注目が集まっている。

 この薬は、日本語で「ナトリウム・ブドウ糖共輸送担体2」と呼ばれ、食事前に服用することで腎臓で再吸収されるブドウ糖などを尿中に排泄させる作用がある。尿中の糖量は増えるものの血糖値は下がり、インスリン注射もやめられるという。

 本書では、糖尿病専門医である著者が、SGLT2阻害薬の機能と糖尿病治療の未来について詳しく解説していく。
(ワニ・プラス 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る