「ハロー・ワールド」藤井太洋著

公開日:

 専門を持たない「何でも屋」エンジニアの文椎(ふづい)はiPhone用の広告ブロックアプリを作っている。グーグルの郭瀬(くるわぜ)、ソフト会社の中国人女性の汪(ワン)と3人で開発したアプリ「ブランケン」が、インドネシアで爆発的に売れ出した。汪がインドネシア語版を作ってくれてはいたが、「ブランケン」だけが消せる広告は政府広報だけなのに、ユーザーのIPアドレスを調べてみたら、ニューギニア島のパプア州の州都ジャヤプラに集中していた。どうやらパプア州政府が独立運動を行っている団体「OPM」を盗撮していて、OPMがその盗撮よけに「ブランケン」を使っているらしい。(表題作)

 IT業界で生きるエンジニアたちが活躍する近未来小説5編。 (講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る