「GHQ ゴー・ホーム・クイックリー」中路啓太著

公開日:

 終戦直後の昭和21年2月、内閣法務局の官僚、佐藤達夫は国務大臣の松本烝治に呼び出された。手渡されたのはGHQがつくった憲法改正案で、これに基づき日本案を起草しろという。

 実は数カ月前、国会内の委員会で政府試案をまとめたがGHQは拒否。そればかりか、<天皇はシンボル><戦争放棄>の条項を含む草案を押し付けてきたのだ。

 わずか2週間の間に日本の法律らしく整えなければならない佐藤は、総理大臣官邸の放送室にこもって仕事をしていたところ、吉田茂外務大臣と出くわす。

 GHQ草案の問題点をまくしたてる佐藤に吉田はつぶやいた。

「GHQとは何の略だか知っているかね? ゴー・ホーム・クイックリーだよ」

 戦後の占領下で憲法制定に向き合った官僚たちの人間ドラマ。

(文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る