「若返るクラゲ老いないネズミ老化する人間」ジョシュ・ミッテルドルフ、ドリオン・セーガン著 矢口誠訳

公開日:

 ベニクラゲは卵を産んだ後、成熟細胞を幹細胞に戻して幼体に戻り、新たな人生を始める。一方通行の成長過程を逆走するわけだが、人間はそうはいかない。

 老化を遅らせるためのアンチエイジング薬の開発が期待されているが、もっとも期待されるのが、体の寿命時計を調整する方法である。人間の幼児期の成長、性的な成熟、骨のサイズや歯の生え替わりなどは、適切なときに遺伝子のスイッチをオンにしたりオフにしたりすることでコントロールされる。この時計をリセットして、体に「自分は実際の年齢よりずっと若い」と思い込ませる方法が発見されるかもしれないのだ。

 理論生物学者が人間の老化を食い止める最新の科学を解説。 (集英社インターナショナル 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る