• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
笠井潔
著者のコラム一覧
笠井潔

1948年、東京生まれ。79年、デビュー作「バイバイ、エンジェル」で角川小説賞受賞。以後、ミステリー、思想評論、探偵小説論など幅広い分野で活躍。主な著書に、「サマー・アポカリプス」他の矢吹駆シリーズ、伝奇ロマン「ヴァンパイヤー戦争」シリーズなど。

伴侶をなくすと自宅が凶器と化す

「未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること」河合雅司著/講談社 840円+税

 前著「未来の年表」で「人口減少カレンダー(2017年~2063年)」を提示し、世に衝撃を与えた著者による続編。カレンダーの2018年の項には、たとえば「75歳以上人口が『65~74歳』人口を上回る」とある。2015年に1億2700万人だった人口は、40年後には9000万人、100年後には5000万人まで減少する。

 人口学的に大変な事態が起きようとしているにしろ、その意味するところが素人にはいまひとつピンとこない。人口減少社会はわたしたち一人一人の暮らしに、どのような影響をもたらすのか。本書ではそれが、「人口減少カタログ」として具体的に描かれている。

「これからあなたに起きること」の第1は、「伴侶をなくすと自宅が凶器と化す」だ。高齢者の一人暮らしが増加し、自宅でのケガや死亡事故が頻発するようになる。第2は「亡くなる人が増えるとスズメバチが急増する」。放置された空き家で増殖したスズメバチが人々を襲いはじめる。

 本書で列記される「人口減少カタログ」から、興味深い項目をさらに書きだしてみよう。第5「食卓から野菜が消える」、第9「中小企業が黒字でも倒産」、第12「東京で遅刻者が続出」、第14「ネットで買った商品が一向に届かない」、第15「灯油が途絶え、凍え死ぬ」などなど。これらの事例は数年から10年程度の近未来に、多かれ少なかれ現実化するだろう。

 人口減少社会の到来は「国難」だと、著者は繰り返し語る。「国難」を乗り越えて「賢く縮む」社会を構築するには、抜本的な対策が不可欠だが、わたしたちに残された時間は限られていると。政府が有効な対策を講じようと講じまいと、日本国が浮こうと沈もうと、わたしたちは生きていかなければならない。人口減少社会を生き延びるためのサバイバル・マニュアルとしても、本書は有益である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る