「60歳の壁」植田統著

公開日: 更新日:

 65歳までの雇用継続義務があるといっても、多くの会社では60歳定年制が残り、その後は再雇用で、収入も下がる。そんな60歳、65歳の壁を越え、仕事も収入も、そして生き甲斐も得て人生を全うするために何をすべきかを伝授する生き方本。

 著者も50歳以降のキャリアが描きづらい外資系企業勤務だったために、一念発起して司法試験に挑戦し、54歳で弁護士事務所を開設したという。

 他にも、中小企業診断士に転身した元出版人や商社マンから畑違いの芸能関係の仕事に進んだ人など、60歳の壁を乗り越えた人を紹介しながら、60歳の壁を打ち破った人と打ち破れなかった人の違いは何かを考察。その上で起業のコツや人脈のつくり方、モチベーションの保ち方などをアドバイス。

(朝日新聞出版 790円+税)

60歳の壁

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る