「負うて抱えて」二階堂和美著

公開日: 更新日:

 お寺で育った娘が私立の保育所に通っていた。12月になるとクリスマス一色。楽しそうにしている3歳半の娘に、「うちにはサンタさんは来んけどね」と言ったら、「わかっと!」と返され、はっとしたという。子どもは子どもなりに心の整理をし始めていたのだ。そして、せがまれたわけでもないのに店頭で見かけた小さなピンクのツリーを、迷ったあげく買ってしまった。そのとき、自分の中で何かが崩れると同時に、突っ張っていた意地のようなものがほぐれるのを感じた。

 ジブリ映画「かぐや姫の物語」の主題歌を作詞・作曲した1974年生まれのシンガー・ソングライターで、現在は実家の浄土真宗のお寺で僧侶もしている著者の珠玉のエッセー集。

(晶文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る