「負うて抱えて」二階堂和美著

公開日: 更新日:

 お寺で育った娘が私立の保育所に通っていた。12月になるとクリスマス一色。楽しそうにしている3歳半の娘に、「うちにはサンタさんは来んけどね」と言ったら、「わかっと!」と返され、はっとしたという。子どもは子どもなりに心の整理をし始めていたのだ。そして、せがまれたわけでもないのに店頭で見かけた小さなピンクのツリーを、迷ったあげく買ってしまった。そのとき、自分の中で何かが崩れると同時に、突っ張っていた意地のようなものがほぐれるのを感じた。

 ジブリ映画「かぐや姫の物語」の主題歌を作詞・作曲した1974年生まれのシンガー・ソングライターで、現在は実家の浄土真宗のお寺で僧侶もしている著者の珠玉のエッセー集。

(晶文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る