「湯けむり行脚」池内紀著

公開日: 更新日:

 秋田と岩手の県境に広がる八幡平には温泉がひしめいているが、そのどん詰まりのひとつ手前にあるのが、秋田の後生掛温泉だ。ここには、地熱で床がホコホコ温かいオンドルのほか、蒸し風呂、泥風呂、湯滝、火山風呂などがある。オンドル個室が1人3000円、大部屋が大人2000円(1996年)。自炊の電気・ガス代が1日200円(同)で、毛布も丹前も鍋もテーブルも借りられる。

 身ひとつでやって来て5年居ついている人がいて、息子一家が旅行を兼ねて訪ねてくるという。池内は1日3度も湯に入り、浴槽の縁に頭をのせて、流れ込む湯の音を聞いていた。

 他に、秩父困民党の面々が決起の前に集まった千鹿谷鉱泉の温泉宿など、100湯以上を紹介する温泉エッセー。

(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る