「還暦着物日記」群ようこ著

公開日: 更新日:

 お正月に着物を着たら、飼っている猫が「あんた、どこかに出かけるんじゃ……」と疑いの目を向ける。「どこにも行かないから大丈夫」と言っても、半眼でじーっと監視している。猫をなでながら「ただ着物を着てるだけだよ」と説明すると、「ふん、それなら信じてやるか」といった態度で自分のベッドに入るが、ちょっと離れるとすぐ「にゃあーっ」と大声で呼ぶ。ロングワンピースを着ていると思わせる方法はないだろうか。着物の襟元にスカーフを巻いて隠してみたが、疑いの目つきは変わらない。

 着物=おでかけ=お留守番の図式をもっているのは確かだが、どうやって着物を識別しているのかわからない。

 着物を愛する著者の一年間の和装エッセー。 (文藝春秋 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る