「道草料理術」大海勝子著

公開日: 更新日:

 忙しい現代人は、往々にして「気が付けば季節が変わっていた」ということが多い。季節の移ろいや濃密な野菜の香りを楽しむには、身近な道草食がお勧めだ。

 四谷から東宮御所までは除草剤を使わないので道草の宝庫。春になればヨモギやツクシ、フキノトウとなんでも日だまりいっぱいに顔を出すという。

 畑の雑草として嫌われているアカザは、優れた栄養のため江戸時代にはよく栽培されていた野菜。

 あるとき、著者は調理に挑戦。若葉を摘んでもみ洗いし、茹でてゴマ油で和え、ナムルをつくる。果たして味はホウレンソウを100倍タフにした感じで、食べるごとに気力がみなぎった。

 東京で季節の道草料理教室を開く著者が、道草で採取できる野草とその思い出、野草を使った料理をレシピ&写真と共に紹介する。 (晶文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る