「野草をおいしく食べる本」大海淳著

公開日:

 野生の食草には、野菜が栽培化される過程で失った「その植物が本来持っている風味やクセ味」がある。日本人はこれを「アク味」「キド味」「エグ味」などと呼んで楽しんできた。この「クセ味」の正体はたいていポリフェノール類で、抗酸化作用を持っているので、ほどよく抜いて調理して食べるとよい。

 例えば、春、土手などで見られるタンポポはサラダや天ぷら、和え物、おひたしなどいろいろな料理に使える。ノビルは煎り煮した豚肉と辛子酢味噌和えにすると、総菜にも酒のつまみにもぴったり。

 ただし、中にはニリンソウとトリカブトのように、そっくりだが毒性のあるものもあるので要注意。山野草の見分け方、食べ方、効能を紹介した役に立つ一冊。

(スタンダーズ・プレス1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る