「リベラルを潰せ」金子夏樹著

公開日: 更新日:

 米ロ関係は冷戦以来、最悪といわれる。

 しかし、トランプを大統領に押し上げたアメリカと、プーチンが率いるロシアは、国家という枠組みを超えた視点から見ると、保守的な価値観をもとにした「反リベラル」という思想によって、底流で結ばれているという。

 その象徴ともいえるのが、ロシア当局と水面下でつながり、トランプの後ろ盾にもなっているキリスト教福音派の存在だ。個人の自由な選択の拡大は「行き過ぎた個人主義」を招き、「同性婚や中絶を助長して社会の骨格である家族を壊す」とリベラル派を攻撃し、「伝統的な家族観を守る」ことを主張する彼らの組織が、NGO「世界家族会議」だ。

 欧州の反リベラル政党や、イスラム諸国ともつながるその組織を中心とした反リベラルネットワークの実態に迫る。

(新潮社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る