「ビール職人の醸造と推理」エリー・アレグザンダー著、越智睦訳

公開日: 更新日:

 1994年の酒税法改正によって日本でもクラフトビール(地ビール)の製造が急増し、全国各地のご当地ビールが人気を博している。アメリカのシアトルの近くにある通称「ドイツ村」と呼ばれる小さな町、レブンワースもクラフトビールが有名で、当地のオクトーバーフェストには毎年数多くの観光客が訪れている。本書はそのレブンワースのブルワリー(ビール醸造所)を切り盛りする女性が主人公。

【あらすじ】スローン・クラウスはブルワリー〈デア・ケラー〉の経営者夫婦の長男の嫁で、義父母公認の優れたビール職人。不幸な子供時代を送ったスローンは、15年前、クラフトビール業界で、レブンワースを一躍有名にしたクラウス家の長男マックと結婚。子供にも恵まれ、家族が経営する〈デア・ケラー〉のビール職人として幸せな日々を過ごしていた。

 だが、その幸せも夫と店の23歳のウエートレスとの情事の現場を目撃したことで一挙に瓦解。怒ったスローンは夫を家から追い出し、自分は新規オープン予定のブルワリー〈ニトロ〉で働くことにする。〈ニトロ〉の経営者ギャレットは科学者のような精密なビール造りをする職人だが、店の飾り付けや料理などにはからっきしで、その手のことはすべてスローンが任される。その甲斐あって、開店初日は大盛況で幸先良いスタートになった。

 しかし翌朝、同じ町のビール職人が〈ニトロ〉の醸造タンクの中で死んでいた。しかもその容疑者として、夫のマックが逮捕されてしまったのだ……。

【読みどころ】スローンの謎解きもさることながら、本書の魅力はなんといってもクラフトビール造りの細かな描写だ。おまけにビールに合う料理がふんだんに登場するのもうれしい。 <石>

(東京創元社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る