「八百万の死にざま」ローレンス・ブロック著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 アル中の探偵という極めてユニークなキャラクターを生み出し、しかも35年という長きにわたるシリーズにまで仕立て上げたのが、ローレンス・ブロックの私立探偵マット・スカダー・シリーズだ。本書はシリーズ第5作で、シリーズの中でも傑作の評判が高く、アメリカ私立探偵作家クラブのシェイマス賞受賞作。

【あらすじ】マット・スカダーは元ニューヨーク市警の腕利きの刑事だったが、ある事件で彼が撃った流れ弾が幼い女の子を死なせてしまった。その自責の念からほどなく刑事の職を辞し、結婚生活も破綻。以後、マンハッタンの安ホテルを事務所兼住居として、訪れた客を相手に無免許で私立探偵を開業するが、過度の飲酒によりアル中になり、AA(アルコール中毒者自主治療協会)に通いながら、日々酒の誘惑と戦っている。

 今回の依頼人はコールガールのキム。この商売から足を洗いたいので、ヒモのチャンスとの間に入って話をつけてほしいというのだ。マットはチャンスに会ってその話をすると、意外にも彼はあっさりキムの願いを受け入れた。

 ところがその直後、キムが何者かによって惨殺される。マットは最初、チャンスの仕業かと疑ったが、彼の方からキムを殺した犯人を捜してくれとマットに依頼してきた……。

【読みどころ】本シリーズの魅力はなんといっても、アルコール中毒から抜け出そうとしているマットが、バーでコーヒーを飲みながらすぐ目の前にある酒への誘惑に必死に抵抗するヒリヒリするような葛藤である。いつマットが酒に手を出してしまうのか、思わず緊張してしまう。酒を飲むシーンはほとんど出てこないのだが、そこにはアルコールの強烈な香りが漂っている。 <石>

(早川書房 1040円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る