「書くための勇気」川崎昌平著

公開日: 更新日:

 文章を書くことに勇気が必要になる時代になった。ウェブメディアやSNSなどのコミュニケーション空間の繁栄により、「書く」と「読む」が双方向になり、書いたものが他人の目に触れ、何がしかの反応があることが考えられるからだ。

 勇気を出して文章を書くためには、書こうとすることへの批評的視点をもつことが必要だ。そして、まず「誰に書くか」を決めないと、何を書けばいいのか悩むことになる。書き始める前に批評の目的を整理する。批評をするという行為は、感情にまかせて強い言葉を書きなぐることではない。「自分とは異なる意見」が存在することを前もって知っておこう。

 そもそも書くとはどういうことなのかを改めて考えさせてくれる一冊。

(晶文社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る