「書くための勇気」川崎昌平著

公開日: 更新日:

 文章を書くことに勇気が必要になる時代になった。ウェブメディアやSNSなどのコミュニケーション空間の繁栄により、「書く」と「読む」が双方向になり、書いたものが他人の目に触れ、何がしかの反応があることが考えられるからだ。

 勇気を出して文章を書くためには、書こうとすることへの批評的視点をもつことが必要だ。そして、まず「誰に書くか」を決めないと、何を書けばいいのか悩むことになる。書き始める前に批評の目的を整理する。批評をするという行為は、感情にまかせて強い言葉を書きなぐることではない。「自分とは異なる意見」が存在することを前もって知っておこう。

 そもそも書くとはどういうことなのかを改めて考えさせてくれる一冊。

(晶文社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る