発信者不明のオピニオンはすべて捨ててしまえ!

公開日:

 インターネットの登場により、情報の“発信者”が爆発的に増加。テレビや新聞などの旧メディアにも、一見もっともらしいが、いい加減なニュースや論評があふれる時代となってしまった。情報の洪水の中、私たちはどうやって真偽を見抜けばよいのか。烏賀陽弘道著「フェイクニュースの見分け方」(新潮社 800円+税)では、元朝日新聞の記者であり、旧メディアの腐敗に切り込む著書を執筆してきたジャーナリストが、正しい情報を見分ける方法を解説している。

 2016年春から夏にかけて、保守系政治団体「日本会議」に関する書籍や記事が次々と発表され、その多くが“日本会議は安倍政権の政策決定に重大な影響力を持っている”との説を展開していた。著者も多くの書籍を読んだが、その説を肯定できる事実を見いだせなかったとしている。

 何しろ、“日本会議の人物Aまたはその周辺Bが安倍内閣関係者とCで会い、Dを話しその結果が政策Eになって姿を現した”などの事実がどこにも見当たらない。朝日新聞の「首相動静」欄を過去10年さかのぼっても、安倍総理と日本会議関係者が会った記事は2回しか出てこないのだという。

 著者は単なる安倍派なのではと勘繰ってしまうかもしれないが、安倍政権や日本会議の掲げる政治目標については、ほとんどが賛同できないとも記している。しかし、批判をするなら事実を根拠としなければ、相手は痛くもかゆくもない。“ご意見はどうぞご自由に”と流されてしまうのがオチだと、警鐘を鳴らしているのだ。

 それでは、どうやって正しい情報を抽出すればいいのか。本書が提案するのは、「証拠となる事実の提示がないオピニオン(意見)はすべて捨てて構わない」という大胆な方法だ。「~との指摘もある」「~が求められる」「~は避けたい」などの表現で語られ、主語がない文章も疑うべきと主張している。また、福島第1原発事故からSTAP細胞発見騒動まで、実際の記事を例に挙げながら、真実の読み解き方をアドバイスしていく。

 引用文の正確さに着目すること、アマゾンや図書館のネット検索システムの活用法など、今すぐ使えるノウハウも紹介。情報を健全に疑う力を持ちたいものだ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る