「上野―会津 百五十年後の密約」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 明治維新150年となる2018年の春、築地の勝海舟の銅像が何者かに持ち去られた。

 翌日には都庁に、上野の西郷隆盛の銅像を破壊して不忍池に沈めろという脅迫状が届く。

 都知事の要請を受けて、十津川らが捜査に乗り出す。「戊辰百五十年の歴史を正す者」と名乗る犯人は、江戸無血開城の歴史認識に疑問を抱く人物と思われた。

 捜査には徳川旗本の子孫・日下刑事をはじめ、薩摩藩や会津藩の家老の末裔である福島県警や鹿児島県警の刑事も加わる。十津川らは、上野の西郷像を修繕を装い青いシートで覆い監視。1週間後、要求を拒否された犯人は新たに東武鉄道の「特急リバティ会津」の爆破を予告してくる。

 著者独自の歴史観をもとに描く長編ミステリー。

 (文藝春秋 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る