「出雲 殺意の一畑電車」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 宍道湖の北岸を走る私鉄「一畑電車」の「ルイス・C・ティファニー庭園美術館前駅」(現在は駅名変更)のホームで名誉駅長を務める田宮が何者かに射殺される。3カ月前に名誉駅長に就任した田宮は、鉄道会社の駅長募集に本名で応募してきた元人気俳優だった。

 遺体の制服のポケットからノンフィクションライターの五十嵐の名刺が出てくる。その裏には「くたばれ。一畑電車」と書かれていた。島根県警から照会を受けた警視庁の十津川は、島根に飛ぶ。実は4日前に五十嵐が他殺体で見つかり、十津川らが捜査に当たっていたのだ。調べると、名刺の裏の字は、五十嵐の筆跡ではなかった。

 山陰の小さな私鉄を舞台にしたトラベルミステリー。

(祥伝社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る

人気キーワード