• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『ななつ星』極秘作戦」西村京太郎著

 捜査1課の十津川は、警視庁副総監の弥冨から、夫婦でJR九州が運行する豪華列車「ななつ星」の旅に参加するよう命じられる。理由も教えられず不審を抱く十津川に、弥冨は乗客28人全員をマークするよう指示する。3泊4日の旅の初日、集まった乗客を代表して台湾から参加した周が挨拶する。周の祖父は、1945年の戦争末期、蒋介石の指示で日中の和平工作に来日した繆斌だった。終戦後、繆斌は裏切り者として蒋介石に処刑されてしまう。周は祖父の名誉を挽回するため、旅行中に緒方竹虎の秘書の孫で外務省に勤務する及川らと意見を交わす予定にしていた。

 歴史と旅が融合した新感覚ミステリー。(文藝春秋 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る