• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『ななつ星』極秘作戦」西村京太郎著

 捜査1課の十津川は、警視庁副総監の弥冨から、夫婦でJR九州が運行する豪華列車「ななつ星」の旅に参加するよう命じられる。理由も教えられず不審を抱く十津川に、弥冨は乗客28人全員をマークするよう指示する。3泊4日の旅の初日、集まった乗客を代表して台湾から参加した周が挨拶する。周の祖父は、1945年の戦争末期、蒋介石の指示で日中の和平工作に来日した繆斌だった。終戦後、繆斌は裏切り者として蒋介石に処刑されてしまう。周は祖父の名誉を挽回するため、旅行中に緒方竹虎の秘書の孫で外務省に勤務する及川らと意見を交わす予定にしていた。

 歴史と旅が融合した新感覚ミステリー。(文藝春秋 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る