「一九四四年の大震災-東海道本線、生死の境」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 浜名湖岸に立つ雑居ビルの3階「フジタ浜名湖地震津波研究所」から出火。研究所を一人で守り続けてきた武が焼死体で見つかる。妻の美里は、あることを告発するための覚悟の焼身自殺だと直感する。

 武は何を告発しようとしたのか。美里は夫が自宅に残した古い資料を調べ始める。研究所は、東海地方で起きた過去の地震や津波について調べるために武の祖父・徳之助が太平洋戦争中に設立。徳之助は、警察や特高の迫害に負けず、息子の健太郎と大地震の発生と津波、さらに誘発地震の危険性を説いて歩いていた。そんな中、1944年12月7日、東海地方で大地震が発生する。

 焼死事件によって明らかになる戦時下の国家権力の暴走を描く人気シリーズ最新刊。(小学館 810円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る