「一九四四年の大震災-東海道本線、生死の境」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 浜名湖岸に立つ雑居ビルの3階「フジタ浜名湖地震津波研究所」から出火。研究所を一人で守り続けてきた武が焼死体で見つかる。妻の美里は、あることを告発するための覚悟の焼身自殺だと直感する。

 武は何を告発しようとしたのか。美里は夫が自宅に残した古い資料を調べ始める。研究所は、東海地方で起きた過去の地震や津波について調べるために武の祖父・徳之助が太平洋戦争中に設立。徳之助は、警察や特高の迫害に負けず、息子の健太郎と大地震の発生と津波、さらに誘発地震の危険性を説いて歩いていた。そんな中、1944年12月7日、東海地方で大地震が発生する。

 焼死事件によって明らかになる戦時下の国家権力の暴走を描く人気シリーズ最新刊。(小学館 810円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る