「一九四四年の大震災-東海道本線、生死の境」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 浜名湖岸に立つ雑居ビルの3階「フジタ浜名湖地震津波研究所」から出火。研究所を一人で守り続けてきた武が焼死体で見つかる。妻の美里は、あることを告発するための覚悟の焼身自殺だと直感する。

 武は何を告発しようとしたのか。美里は夫が自宅に残した古い資料を調べ始める。研究所は、東海地方で起きた過去の地震や津波について調べるために武の祖父・徳之助が太平洋戦争中に設立。徳之助は、警察や特高の迫害に負けず、息子の健太郎と大地震の発生と津波、さらに誘発地震の危険性を説いて歩いていた。そんな中、1944年12月7日、東海地方で大地震が発生する。

 焼死事件によって明らかになる戦時下の国家権力の暴走を描く人気シリーズ最新刊。(小学館 810円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る