「世界のへんな肉」白石あづさ著

公開日: 更新日:

 100カ国以上を旅してきた著者が、旅先で味わった珍しい肉料理と人々との出会いをつづった紀行エッセー。

 牛が神聖視されているインドでは、通りがかりのおじさんに教わった牛入りカレーの店に突入。聞くと、入っているのは現地で「悪魔の使い」と呼ばれている水牛だった。イランのイスファハンでは、バスに乗り合わせたおばさんの家に半ば強引に連れていかれ、一泊。翌日、一家と食事に出かけたサンドイッチ店の人気メニュー「サンドビーチェマーグズ」の具はヒツジの脳みそだった。他にも、ラクダのケバブ(エジプト)や、キリンのジャーキー(ナイロビ)、ビーバーのシチュー(リトアニア)など。日本では決してお目にかかれない肉料理が次々と登場する。

(新潮社 460円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る

人気キーワード