「世界のへんな肉」白石あづさ著

公開日: 更新日:

 100カ国以上を旅してきた著者が、旅先で味わった珍しい肉料理と人々との出会いをつづった紀行エッセー。

 牛が神聖視されているインドでは、通りがかりのおじさんに教わった牛入りカレーの店に突入。聞くと、入っているのは現地で「悪魔の使い」と呼ばれている水牛だった。イランのイスファハンでは、バスに乗り合わせたおばさんの家に半ば強引に連れていかれ、一泊。翌日、一家と食事に出かけたサンドイッチ店の人気メニュー「サンドビーチェマーグズ」の具はヒツジの脳みそだった。他にも、ラクダのケバブ(エジプト)や、キリンのジャーキー(ナイロビ)、ビーバーのシチュー(リトアニア)など。日本では決してお目にかかれない肉料理が次々と登場する。

(新潮社 460円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る