「雨宮処凛の活動家健康法」雨宮処凛著、聞き手・構成/今野哲男

公開日: 更新日:

 著者は子どもの頃から貧しい人々など弱者に対し心を痛めてきたが、同時に、自分が何をしても世界は変わらないという無力感にさいなまれてきた。ところが20代前半に、生活困窮者の支援活動に出合ったことで、生きづらさが緩和されたという。「社会をマシにしようと動く自分」に変われたことで自身が救われたのだ。活動を通じ、目的でつながる仲間ができ、精神的に健康になった。デモに行くので運動不足にならず、年末年始は炊き出しに通い、正月太りとも無縁。活動はタダで美容や健康にも効果があるのだ。

 来歴から右翼に入った経緯、いじめ、非正規雇用など現代の社会問題まで、インタビューを通して著者のスタンスやその視点をすくい上げる。

(言視舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る