「雨宮処凛の活動家健康法」雨宮処凛著、聞き手・構成/今野哲男

公開日: 更新日:

 著者は子どもの頃から貧しい人々など弱者に対し心を痛めてきたが、同時に、自分が何をしても世界は変わらないという無力感にさいなまれてきた。ところが20代前半に、生活困窮者の支援活動に出合ったことで、生きづらさが緩和されたという。「社会をマシにしようと動く自分」に変われたことで自身が救われたのだ。活動を通じ、目的でつながる仲間ができ、精神的に健康になった。デモに行くので運動不足にならず、年末年始は炊き出しに通い、正月太りとも無縁。活動はタダで美容や健康にも効果があるのだ。

 来歴から右翼に入った経緯、いじめ、非正規雇用など現代の社会問題まで、インタビューを通して著者のスタンスやその視点をすくい上げる。

(言視舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る

人気キーワード