「おてんとうさんに申し訳ない 菅原文太伝」坂本俊夫著

公開日: 更新日:

 映画「仁義なき戦い」や「トラック野郎」で独特の存在感を放った俳優・菅原文太。吠えまくっても、疎外感をにじませても、ズッコケてみせても、とにかくかっこよかった。晩年は俳優をやめ、水源地と森を守る活動や有機無農薬の野菜づくり、反原発・脱原発などの社会活動に深く関わった。

 平成26年、81歳で永眠。死のわずか前、がんを抱えた体で沖縄に出向き、米軍基地の辺野古移設に異を唱えた。命尽きるまで活動をやめなかった。何がそうさせたのか。少年時代から「文太さんの映画」を見続けてきた著者が、その生涯をたどった。

 昭和8年、宮城県仙台市生まれ。菅原文太は本名。父は「河北新報」の記者で、詩や絵画にも才能を発揮した。小学生のとき敗戦。仙台第一高等学校時代、ジャン・ギャバンに憧れ、授業をサボっては映画館に通った。しかし、俳優を目指していたわけではない。1浪して入った早稲田大学を、学費が払えず2年で除籍。アルバイトを転々とするうち、風貌を買われたのか映画出演の声がかかり、期せずして俳優業へ。しかし、なかなか芽が出ず、新東宝、松竹を渡り歩いた後、東映に居場所を求めた。

 人気映画は時代とともに移り変わる。勧善懲悪と様式美を貫く東映時代劇の人気は陰り、鶴田浩二や高倉健の任侠ものが全盛期を迎えていた。文太は大スターたちの周りを回る脇役に甘んじていた。しかし、深作欣二監督との出会いが、俳優・菅原文太に独自の道を開き、「仁義なき戦い」で大ヒットを飛ばすことになる。

 文太はスターになった。しかし、そこが到達点ではなかった。無類の読書家で、自分の哲学と社会に対する問題意識を強く持ち、俳優業の傍ら社会活動に時間を費やすようになっていく。世の中、このままではおてんとうさんに申し訳ない。スクリーンからはうかがい知れない菅原文太像が見えてくる。文太ファンを増やしそうな熱い評伝。

(現代書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る