「おてんとうさんに申し訳ない 菅原文太伝」坂本俊夫著

公開日: 更新日:

 映画「仁義なき戦い」や「トラック野郎」で独特の存在感を放った俳優・菅原文太。吠えまくっても、疎外感をにじませても、ズッコケてみせても、とにかくかっこよかった。晩年は俳優をやめ、水源地と森を守る活動や有機無農薬の野菜づくり、反原発・脱原発などの社会活動に深く関わった。

 平成26年、81歳で永眠。死のわずか前、がんを抱えた体で沖縄に出向き、米軍基地の辺野古移設に異を唱えた。命尽きるまで活動をやめなかった。何がそうさせたのか。少年時代から「文太さんの映画」を見続けてきた著者が、その生涯をたどった。

 昭和8年、宮城県仙台市生まれ。菅原文太は本名。父は「河北新報」の記者で、詩や絵画にも才能を発揮した。小学生のとき敗戦。仙台第一高等学校時代、ジャン・ギャバンに憧れ、授業をサボっては映画館に通った。しかし、俳優を目指していたわけではない。1浪して入った早稲田大学を、学費が払えず2年で除籍。アルバイトを転々とするうち、風貌を買われたのか映画出演の声がかかり、期せずして俳優業へ。しかし、なかなか芽が出ず、新東宝、松竹を渡り歩いた後、東映に居場所を求めた。

 人気映画は時代とともに移り変わる。勧善懲悪と様式美を貫く東映時代劇の人気は陰り、鶴田浩二や高倉健の任侠ものが全盛期を迎えていた。文太は大スターたちの周りを回る脇役に甘んじていた。しかし、深作欣二監督との出会いが、俳優・菅原文太に独自の道を開き、「仁義なき戦い」で大ヒットを飛ばすことになる。

 文太はスターになった。しかし、そこが到達点ではなかった。無類の読書家で、自分の哲学と社会に対する問題意識を強く持ち、俳優業の傍ら社会活動に時間を費やすようになっていく。世の中、このままではおてんとうさんに申し訳ない。スクリーンからはうかがい知れない菅原文太像が見えてくる。文太ファンを増やしそうな熱い評伝。

(現代書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る