「『朝ドラ』を観なくなった人は、なぜ認知症になりやすいのか?」奥村歩著

公開日: 更新日:

 忘れもの外来の医師である著者は、診察時、よく患者にNHKの朝ドラの話題をもちかける。

「前はよく見ていたけれど、最近のやつはつまらないから見なくなった」などの答えが返ってきたら認知症の可能性が高いという。認知症、特にアルツハイマー型は直近の出来事を記憶にとどめておくことができなくなるので、ストーリーがつながらなくなり、朝ドラを見るのをやめてしまうケースが多いのだとか。

 このように脳を衰えさせてしまった患者には、日々の生き方や暮らし方に共通の傾向があるという。他にも「頑固な人」がボケやすい理由、逆に田舎で畑仕事をする人がボケにくい理由など、患者たちのエピソードを交えながら、「脳をみすみす衰えさせない方法」を伝授してくれる健康本。

(幻冬舎 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

もっと見る

人気キーワード