「その『もの忘れ』はスマホ認知症だった」奥村歩著

公開日: 更新日:

「もの忘れ外来」の医師である著者によると、「大事な会議があることを忘れていた」「取引先の担当者の名前が出てこない」などと訴える30~50代の来院者が急増しているという。こうした働き盛りのもの忘れ症状は、認知症が原因ではなく、日々の仕事量や情報量の多さに脳の処理能力が落ちた「脳過労」によるそうだ。そうした脳過労患者の多くが、スマホなどIT機器のヘビーユーザーで、処理能力を超えた情報をインプットしているという。

 IT機器に頼りすぎて脳の機能を低下させてしまうこうした病態を「スマホ認知症」と名付け、警告。放っておくと認知症にもつながりかねない「スマホ認知症」の危険性を説き、適切なスマホの使い方や疲れた脳の休め方を解説する。(青春出版社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る