「溺れる女」大石圭著

公開日: 更新日:

 商社マンとの結婚を間近にした奈々は、街中で元恋人の慎之介とすれ違う。その夜、慎之介からラインでメッセージが届く。彼も奈々に気づいていたようだ。

 奈々が慎之介と出会ったのは司法試験を目指していた大学3年のときだった。年下の慎之介に告白されて交際を始めたときは処女だった奈々だが、サディスティックな彼とのセックスによって、アナルまで開発されてしまった。司法試験も諦めキャバクラで働きながら慎之介に貢いだ奈々だが、関西の大手企業に就職した慎之介はあっさりと奈々を振って、役員の娘と結婚してしまったのだ。もう二度と会わないと心に誓った奈々だが、会いたいという慎之介の求めに心が揺れる。

 ダメ男との肉体関係に溺れ堕落していく女を描く官能長編。

(KADOKAWA 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る