「菊花の仇討ち」梶よう子著

公開日: 更新日:

 北町奉行所同心・中根興三郎は妹夫婦の家に向かう途中、ふと一軒の古手屋に吊り下げられている小袖に目を留めた。濃紺の地に籠目模様と珍しい変化朝顔の花が描かれている。変化朝顔を作り続けて15年の興三郎も、これまで見たことのないものだった。朝顔栽培の師匠・留次郎は江戸では見たことがない花だという。店の主人に尋ねても売り主がはっきりしない。

 そんなある日、興三郎は店の主人と若い女が、例の小袖のことで口論しているところに出くわす。女は留次郎の娘のおみねの幼馴染みで3年前に家出をしたきり行方不明になっていたお徳だった。興三郎がお徳を問いただすと、小袖を盗み、売ったのだと認めた。

 8年ぶりとなる「朝顔同心」最新刊。

 (文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る

人気キーワード