「菊花の仇討ち」梶よう子著

公開日: 更新日:

 北町奉行所同心・中根興三郎は妹夫婦の家に向かう途中、ふと一軒の古手屋に吊り下げられている小袖に目を留めた。濃紺の地に籠目模様と珍しい変化朝顔の花が描かれている。変化朝顔を作り続けて15年の興三郎も、これまで見たことのないものだった。朝顔栽培の師匠・留次郎は江戸では見たことがない花だという。店の主人に尋ねても売り主がはっきりしない。

 そんなある日、興三郎は店の主人と若い女が、例の小袖のことで口論しているところに出くわす。女は留次郎の娘のおみねの幼馴染みで3年前に家出をしたきり行方不明になっていたお徳だった。興三郎がお徳を問いただすと、小袖を盗み、売ったのだと認めた。

 8年ぶりとなる「朝顔同心」最新刊。

 (文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る