「北斎まんだら」梶よう子著

公開日: 更新日:

 信州小布施の豪商の跡取り・三九郎は、高名な絵師・北斎に絵を学ぶため、江戸に出てきた。呉服商の紹介で北斎の住む長屋を訪ねた三九郎は、散らかり放題の部屋の惨状に目をむく。ひるみながらも弟子入りを申し出るが、応対した北斎の出戻り娘・お栄とは、話がすれ違うばかりで、要件が伝わらない。布団から出てきた北斎は、三九郎の前で鮮やかに瀑布の下絵を描き上げると版元のもとに行ってしまう。

 三九郎がお栄の火事見物に付き合わされ町に出ると、派手な太夫姿の男が声をかけてきた。美人画で名をはせる北斎の弟子・英泉だった。三九郎はお栄と英泉の会話から江戸市中に北斎の贋作が出回っていることを知る。

 北斎のもとに集まる個性的な絵師たちを主人公に描く歴史長編。

(講談社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る

人気キーワード