「北斎まんだら」梶よう子著

公開日: 更新日:

 信州小布施の豪商の跡取り・三九郎は、高名な絵師・北斎に絵を学ぶため、江戸に出てきた。呉服商の紹介で北斎の住む長屋を訪ねた三九郎は、散らかり放題の部屋の惨状に目をむく。ひるみながらも弟子入りを申し出るが、応対した北斎の出戻り娘・お栄とは、話がすれ違うばかりで、要件が伝わらない。布団から出てきた北斎は、三九郎の前で鮮やかに瀑布の下絵を描き上げると版元のもとに行ってしまう。

 三九郎がお栄の火事見物に付き合わされ町に出ると、派手な太夫姿の男が声をかけてきた。美人画で名をはせる北斎の弟子・英泉だった。三九郎はお栄と英泉の会話から江戸市中に北斎の贋作が出回っていることを知る。

 北斎のもとに集まる個性的な絵師たちを主人公に描く歴史長編。

(講談社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る