「ここでしか味わえない非日常の世界!」ナショナルジオグラフィック編著、大島聡子訳

公開日: 更新日:

 天の配剤としか言えないような自然の風景や、千載一遇の出あい、そして肉眼ではとらえられない驚異の瞬間など、誰もが見ようと思っても、見られるものではない、さまざまな珍しいショットを集めた写真集。

 例えば、米国アリゾナ州フェニックスで撮影された、まるでCGを駆使した映画のワンシーンのような一枚。車が疾駆するハイウエーや明かりがともり始めたビルなど、いつもと変わらぬ夏の夕暮れを過ごす街の背後から、ハバーブと呼ばれる高さ1500メートルもの高さの砂嵐が襲い掛かろうとしている様子が映し出されている。

 また無数の「きのこ」のような物体に埋め尽くされたエストニア・タリンの静かな元波止場。野外アートを撮影したかのようにも見える美しい風景だが、実はこの「きのこ」は、水面に立つ杭にのった氷の冠だという。

 ほかにも、チリ・パタゴニアのヘネラルカレーラ湖のマリンブルーの大理石模様に輝く美しい洞窟や、太古の地球の姿を連想させるインドネシア・東ジャワ州のブロモ山の噴火など、自然によって生み出された美や驚異の世界を切り取った写真が並ぶ。

 一方で、当事者には何でもない日常の営みが、はたから見ると「非日常の世界」に見える時もある。

 バングラデシュで撮影された、森の中に延びるまるで「人間のベルト」のような風景は、何かと思ったら、ラマダン明け、切符が買えなくて危険を冒して汽車の屋根に乗って故郷を目指す人々だった。

 表紙のカラフルな男たちは、インドのヒンズー教の伝統的な春の祭り「ホーリー祭」で、ショッキングピンクをはじめ、カラフルな色の粉をお互いに掛け合っているところ。普段はいかつい男たちがメルヘンの登場人物になってしまっている。

 かと思えば、空撮した人々の姿を切り抜き、真っ白な砂浜に並べるとともに、防風林を髪に見立て、美しい女性のシルエットを浮かび上がらせた日本発の作品や、「インドシナウオータードラゴン」という美しいシルエットのトカゲが自慢のモヒカンと見事にコラボレーションしたロンドン女性など、アート系の非日常写真もある。

 水族館のベルーガが遊びで吐き出したバブルリング(日本)や、防御の姿勢なのだそうだが、音楽に合わせて踊っているようにしか見えないポップな色合いの2匹のカマキリ(キプロス)など、生き物たちのつくり出す「非日常」もある。

 いずれも、それぞれのカメラマンたちがシャッターチャンスを求め、時に気の遠くなるような時間を待ち続けた末に撮影に成功した作品や、偶然その場に居合わせることができたことによって撮影された運命の出あいともいうべき一枚ばかり。

 眺めていると、仕事などの「日常生活」に疲れた頭が「非日常」に出あうことで、すっきりとリフレッシュされる。

(日経ナショナルジオグラフィック社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る

人気キーワード