「将軍の子」 佐藤巖太郎著

公開日: 更新日:

 徳川秀忠の乳母・大姥局の頼みで、武田信玄の娘・見性院が預かったのは、まだ将軍の側室として認められないおしづが産んだ秀忠の息子・幸松丸だった。

 やがて、秀忠の正室・お江の使いの老女が、幸松丸を引き取ると告げる。だが、おしづは幸松丸を渡さず、連れて逃げるという。懐妊がわかったとき、正室から、堕胎に用いるホオズキの根が送られてきたからだ。一計を案じた見性院は、老女が幸松丸を引き取りに来たとき、幸松丸は預かったのではなく、自分が養子としてもらい受け、武田を継がせると答える。(表題作)

 将軍の子として生まれながら、初代会津藩主となり、名君と称えられた保科正之の半生を描く連作短編時代小説集。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る