「明日の僕に風が吹く」乾ルカ著

公開日: 更新日:

 飛行機の中で病人が出て、医師を探していたとき、叔父は名乗り出て治療に当たった。中学生の川嶋有人はそんな叔父のようになりたいと、医大を目指していた。

 ある日、ニューヨークからの帰国子女の道下麗奈が校庭で倒れた。有人は急いで駆けつけ、人工呼吸をしようとするが、それは重度のアレルギーの発作だったため、有人には何もできなかった。麗奈は応急処置が遅れたため、言語障害が残った。

 ショックを受けた有人は引きこもりとなり、高校にも進学できなかったが、そんな有人にドアの外から叔父が声をかけた。自分が勤務している診療所がある北海道の離島の高校を受験してみないかと。

 未来を見失った少年の再生の物語。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る

人気キーワード