「明日の僕に風が吹く」乾ルカ著

公開日: 更新日:

 飛行機の中で病人が出て、医師を探していたとき、叔父は名乗り出て治療に当たった。中学生の川嶋有人はそんな叔父のようになりたいと、医大を目指していた。

 ある日、ニューヨークからの帰国子女の道下麗奈が校庭で倒れた。有人は急いで駆けつけ、人工呼吸をしようとするが、それは重度のアレルギーの発作だったため、有人には何もできなかった。麗奈は応急処置が遅れたため、言語障害が残った。

 ショックを受けた有人は引きこもりとなり、高校にも進学できなかったが、そんな有人にドアの外から叔父が声をかけた。自分が勤務している診療所がある北海道の離島の高校を受験してみないかと。

 未来を見失った少年の再生の物語。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る