「グレタ たったひとりのストライキ」マレーナ&ベアタ・エルンマン他著、羽根由訳

公開日: 更新日:

 迫り来る気候危機を訴え、世界に発信し続けるスウェーデンの16歳、グレタ・トゥーンベリ。彼女はなぜ、「気候のための学校ストライキ」を始めたのか。その後に何が起きたのか。グレタの母マレーナ・エルンマンが、グレタのこと、家族のこと、気候問題に関する活動のことを、夫やグレタの妹ベアタの言葉を交えてありのままに書いた。

 すべては、グレタが11歳のとき、授業で環境問題に関する映画を見たことから始まった。グレタは映画のあいだ中、泣き続けた。その後、拒食症になって、ごく親しい人としか話せなくなり、うつ、アスペルガー症候群と診断された。差し迫った気候危機を全身全霊で感じ取ったグレタは、何もしようとしない大人たちに疑念を抱き、苛立ち、苦しんだ。

 母マレーナは有名なオペラ歌手。父スヴァンテは元俳優で、娘たちが生まれた後、主夫を買って出た。両親はグレタによって気候問題に目を開かれていく。そして、グレタと一緒にウプサラ大学の地球科学研究所で専門家に学び、気候危機への理解と、政治家や企業家への疑念を深めていった。一家は、大量の温室効果ガスを発生する飛行機に乗るのをやめ、電気自動車で移動するようになった。

 15歳のグレタがたったひとりの学校ストライキを決意したとき、両親は賛成ではなかったが、止めはしなかった。国会議事堂前に座る娘を、父は遠くから見守った。両親の不安をよそに、グレタはこの行動を通じてエネルギーを爆発させる。自閉症で拒食症の娘が新聞やテレビのインタビューに答え、大勢の人の前でスピーチするなんて、信じられなかった。グレタは自分の知識と言葉だけで、現在の世界秩序に疑問をぶつけようとしていた。多くの賛同と共感を得たが、誹謗中傷にもさらされた。母が書いたグレタの真実は、多くの誤解や臆測への反論にもなっている。

 巻末に収録されたスピーチ集「グレタの主張」は、次世代への責任を放棄してきた大人の胸を刺す。

(海と月社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  10. 10

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

もっと見る