「本能寺の変 生きていた光秀」井上慶雪著

公開日: 更新日:

 著者は、通説に異を唱え、「本能寺の変」は天下取りの陰謀を抱いた秀吉が演出した謀反劇で、「山崎の戦い」はその方便だったと、これまでの著作で主張。本書は、秀吉に濡れ衣を着せられた明智光秀のその後を多くの史料で解き明かす歴史読み物。

 光秀は山崎の合戦後、小栗栖の竹やぶで農民の竹やりに刺されて最期を迎えたとされている。その根拠は、変から120年後に書かれた「明智軍記」の記述だが、この作者不詳の本自体が、実は江戸中期に広まった「明智光秀=天海僧正説」を払拭するために書かれたものだと著者はいう。そして比叡山山麓の禅林院に逃げ込んだ光秀が、天海僧正に入れ替わり、豊臣家へ復讐を果たしたことを数々の傍証を挙げながら立証していく。

 (祥伝社 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る