「本能寺の変 生きていた光秀」井上慶雪著

公開日: 更新日:

 著者は、通説に異を唱え、「本能寺の変」は天下取りの陰謀を抱いた秀吉が演出した謀反劇で、「山崎の戦い」はその方便だったと、これまでの著作で主張。本書は、秀吉に濡れ衣を着せられた明智光秀のその後を多くの史料で解き明かす歴史読み物。

 光秀は山崎の合戦後、小栗栖の竹やぶで農民の竹やりに刺されて最期を迎えたとされている。その根拠は、変から120年後に書かれた「明智軍記」の記述だが、この作者不詳の本自体が、実は江戸中期に広まった「明智光秀=天海僧正説」を払拭するために書かれたものだと著者はいう。そして比叡山山麓の禅林院に逃げ込んだ光秀が、天海僧正に入れ替わり、豊臣家へ復讐を果たしたことを数々の傍証を挙げながら立証していく。

 (祥伝社 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る

人気キーワード