「高峰秀子の反骨」高峰秀子著

公開日: 更新日:

 市川崑監督の映画「東京オリンピック」に対する賛否両論がジャーナリズムを騒がせた。「記録性がないからダメ」という否定派と、「人間が出ていてイイ」という肯定派である。高峰は市川がオリンピック映画の総監督に選ばれたとき、「お役人もなかなかしゃれた人に目をつけたじゃないか」と思ったが早とちりだった。関係者は市川の映画を見たことがなかったのでは。でなければ完成したフィルムを「編集しなおせ」などと言えるはずがない。

 市川は「記録映画の“記録”という文字にこだわった批評には反論する気もしない」と言う。役人の不勉強の結果が「批判」という偉そうな言葉になったのでは。

 反骨精神旺盛な高峰のエッセー集。

(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る