「新種の発見」岡西政典著

公開日: 更新日:

 生物の新種発見は、実は珍しいことではなく、1年に2万種近くもあるという。現在、地球上で名前が付けられている生物は180万種以上。未知種は少なくともその倍以上、人によっては1億種と見積もる専門家もおり、生物の多様性は推定すらできないそうだ。

 そもそも分類学とは、未知の生物に名前を与え、系統樹のなかに位置づけ、科学の対象へと引き上げる学問分野。分類されることで私たちは新たな生物を認識できるようになる。

 本書は、その知られざる動物分類学の世界を案内してくれる科学テキスト。著者が発見したテヅルモヅルの新種などを例に、新種発見のプロセスを紹介するなど分類学の基本を解説。さらに最新の研究成果を交えながら各学者たちの取り組みや、分類学の未来を語る。

(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る