「町を歩いて、縄のれん」太田和彦著

公開日: 更新日:

 居酒屋探訪の達人が日常の点景をつづったフォトエッセー集。

 北陸新幹線で帰京中、車窓に映える立山連峰を眺めながら山登りに夢中だった若き日々を追想。長野県で育ち、少年時代から山に親しんできたが、本格的に取り組み始めたのは35歳の頃だった。フリークライミングに魅了され、42歳のときにはアイガー峰にまで遠征したという。またあるときは、後期高齢者突入を目前にして、ぜいたくできるのも今のうちと出掛けた人形町の老舗寿司屋の帰り道、通りかかった神社で初詣。

 しかし、昭和21年生まれは今年「八方ふさがり」と書かれた張り紙を見て愕然とする話や、企業デザイナー時代に手掛けた作品に会いに行く小旅行、そしてこだわりの晩酌の流儀まで。日常のささやかな幸せをつづる。

(集英社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る