「ぴりりと可楽!」吉森大祐著

公開日: 更新日:

 櫛職人だった又五郎は、旦那衆が道楽で開いている〈噺(はなし)の会〉で高座に上がっている。ある日、幼なじみの小鉄が、あわてふためいてやってきた。上方の洒落噺が殴り込みにやってくるという。それも寄席をつくって木戸銭を取ると聞いて驚いた。江戸では風紀取り締まりが厳しく、〈噺の会〉でさえ叱責を受けているのに。噺だけで飯が食える世界があるのか。江戸で初めての寄席は江戸っ子がつくるべきだと、狂歌師の大田南畝がぶち上げる。

 上方衆に対抗して、下谷稲荷で寄席を開き、又五郎は「話芸 軽口剽軽 山生亭花楽」として高座に上がった。その後、大坂渡りの「頓作軽口」を聞きに行ったというから、すごい。

 後に〈三題噺〉で名をあげた三笑亭可楽の一代記。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る

人気キーワード