「暴走する検察 歪んだ正義と日本の劣化」神保哲生、宮台真司ほか著

公開日: 更新日:

 ロッキード事件に見るように、検察は総理大臣を逮捕できるという威信とプライドを保ってきた。ところが、黒川弘務東京高検検事長の定年延長問題が起き、検察トップの人事権を内閣が掌握することで、検察が政権に隷属するしかないような体制になる可能性が生まれた。

 検察と政権のせめぎ合いの結果、政権が敗北。現在、日本の検察には強大な権力が集中しすぎていることが問題視されている。検察は公訴権を独占しているため、有罪にできそうな事件だけを起訴することができることから、検察が事実上、裁判所の役割も果たしている。

 ゴーンの海外逃亡問題で明らかになった「人質司法」など、検察問題を神保、宮台氏らが対談で追及する。

(光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る

人気キーワード