「狙われた横丁 鶴亀横丁の風来坊」鳥羽亮著

公開日: 更新日:

 ある朝、彦十郎は、居候する増富屋の主人・平兵衛から、横丁の瀬戸物屋の政造が賭場に入り浸りで、店を妻のおしんに任せきりだと聞く。

 彦十郎はおしんから、政造に意見してほしいと頼まれるが、政造が彦十郎を避けるので会うことができない。

 数日後、政造が遺体で見つかった。腕の立つ武士に斬られたようだ。彦十郎は、政造が弥左衛門という親分が仕切る賭場に通っていたと知る。政造の葬儀を終えたおしんの前に、数人のならず者が現れた。男たちは「80両の借金のかたに店を渡す」という政造が書いた証文を持っていた。

 やがて弥左衛門が瀬戸物屋を隠れみのにして賭場を開こうとしていることが分かる。彦十郎らは計画を阻止しようと奔走するが……。

 人気「鶴亀横丁の風来坊」シリーズ最新刊。

(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  5. 5

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る

人気キーワード