「俳句は入門できる」長嶋有著

公開日: 更新日:

 著者は「俳句は打球、句会が野球」という。つまり俳句は、素振りを繰り返す野球選手のように、1人でもできる仕組みを備えている。同時に句会で他者の作品を批評し、語り合うなど、他者ともできる仕組みも持つ。1人で新聞の投稿欄などに投句し続けるのは打球の精度を競うことにすぎず、そこには野球の醍醐味(だいごみ)はないともいう。本書は小説家として活躍する一方で、24年間、俳句活動を続け、テレビで選者なども務める著者が、俳句界の特殊な空気や独自のルール、雰囲気、そして魅力をつづった俳句エッセー。

 季語でもある凧(たこ)揚げを体験する句会や、俳句仲間と旅行中に豪雨で被災した中でも生まれる俳句など、縦横無尽の語り口から俳句への愛とその面白さが伝わってくる。

(朝日新聞出版 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード