「その裁きは死」アンソニー・ホロヴィッツ著 山田蘭訳

公開日: 更新日:

「刑事フォイル」の撮影に立ち会っていた「わたし」の前に元刑事のホーソーンが現れた。警察から殺人事件の捜査への協力依頼があったといい、わたしは再び彼と行動を共にする。被害者の離婚弁護士プライスは、自宅で高級ワインボトルで頭を殴られた上に喉をえぐられ死んでいたという。

 壁にはペンキで「182」と書かれていた。プライスは、不動産開発業者のロックウッドの離婚訴訟をまとめたばかりだった。1週間前、その内容に不満を抱いていたロックウッド元夫人のアキラは、レストランで鉢合わせしたプライスにワインをぶちまけ「いっそボトルで殴ってやりたい」と捨てゼリフを残していた。

メインテーマは殺人」に続くホーソーンシリーズ第2弾。

(東京創元社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る

人気キーワード